レンズの検品方法

  • レンズの検品方法 はコメントを受け付けていません。

この記事は1分で読めます

どうも~、管理人のテツヤです。

当ブログをご覧頂き、有難う御座います!

 

前回は、レンズに表記されているF値と焦点距離について話ました。

今回はレンズを仕入れる際の検品方法について、話してきたいと思います!

ではでは早速いってみよう!!

 

という事で、カメラ店で仕入れられるレンズを探して利益が出そうな商品を発見!

店員さんに声をかけようとするも、忙しそうな為、躊躇するチキンな俺(笑)

 

いかん、いかん。こんな事で月収30万目指せるか!と自分に言い聞かせて勇気を出して声を

かける。「すいませ~ん、こちらの商品を見せて頂いてもいいでしょうか?」

「チッ」と舌打ちされるのかな?とビビッていましたが、すんなり商品を出してカウンターに

置いてくれる店員さんでした。恐る恐るレンズに手を伸ばし検品します!

 

レンズ検品のポイントは3つ!外観光学動作の3ポイントが重要です。

外観はレンズ本体とマウント部のキズやスレで見て判断。

光学はレンズのキズやスレ、クモリやカビが無いか等をチェック。

動作はズームリング(レンズが伸び縮みする)と絞りリング(レンズ内の羽根)は

スムーズに動くか?が確認項目です。

 

上記のポイントに注意しながら、1~2つの商品を仕入れました!

 

これからレンズをガンガン仕入れてたいと思います!

儲かった商品があれば、その内、お教えしますね♪

次回はレンズについているAF/MF選択ボタンは何?というお話をしていきたいと思います。

是非、ご連絡下さい!!

 

クリックすると第13話目へ飛びます

トップページ

  • 2017 03.02
  • レンズの検品方法 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

当サイトについて

普通の会社員である私が、カメラ転売を始めて

月収30万円稼ぐまでを書いています。

副業・カメラ転売に興味のある方に、

興味のある方にご覧いただければ幸いです。

カメラ転売ホントに稼げるの?

副業鑑定人テツヤのプロフィール

カテゴリー