ブックメーカー VS カメラ転売

  • ブックメーカー VS カメラ転売 はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

どうも~副業鑑定人のテツヤです。

今回は比較記事の第3弾という事で
ブックメーカーとの比較を行って
いきたいと思います。

ブックメーカーとはイギリスの
ギャンブルで、主にスポーツが
賭けの対象となりますが、
大統領選挙の結果やノーベル賞の
受賞者など、あらゆる事が
対象となります。

ブックメーカーは、スポーツ
ベッティング会社と呼ばれる会社
が行っており、ウィリアムヒル、
ピナクルスポーツなどが有名です。

※余談ですがイギリスでは

ベッティング会社への就職は

大人気らしいです。

最大手の一つウィリアムヒルは

15,000人以上の従業員を抱え、

ロンドン証券取引所に上場している

イギリスの代表的な大手企業の一つです。

又、ウィリアムヒルは英国政府公認なので

信頼性もバッチリです!

え?・・どうせ競馬とか宝くじと
同じギャンブルだから変わらない?

確かにそう思われる方が多いと思いますが、

ブックメー力ーはそれらの
ギャンブルに比べて

勝ちやすいと言われています。

それでは詳しく説明してましょう!

それでは両者を比較(VS)!副業ファイト!!

◆リスクリターン

ブックメー力ーが競馬や宝くじと
一番違う点は、控除率です。
(控除率とは賭け金に対して
胴元がいくら取り分とするか)

競馬25%、宝くじ55%に対して
ブックメー力ーはなんと・・
・・たったの6%!!

つまり賭け金の94%は、賭けの
勝者に配分されるので、還元率の
高い投資(ギャンブル)と言えます。

この高い還元率ゆえ、オッズを
間違えると弱小ブックメー力ーは
倒産する事もある位です。

例えば、2015/16シーズン年に

イングランドのプレミアリーグーで

奇跡の優勝を果たしたレスター・シティ

(日本代表の岡崎選手が所属)の

オッズはなんと5000倍

1万円賭けてれば、5000万円に
なるオッズです!

どこかの弱小ブックメーカーが

倒産していてもおかしくないですね(笑)

また、ブックメー力ーはスポーツの
結果を予想するので、例えばサッカーなら

AとB、どちらのチームが勝つか

といった2択な為、勝率50%です。

これが競馬なら18頭の馬から、
順位を予想しなくてはならない為、
当然難しいです。(宝くじは
もっと低確率で論外)

還元率の高さと勝率の高さが
ブックメー力ーの魅力と言えます。

とはいえ、勝率がいいのはあくまで

競馬や宝くじに比べてであって、

カメラ転売と比べれば投資資金を

回収できる確率は50%なので、

やはりハイリスクな投資と言え、

リスクリターンの点では

カメラ転売の方が優れています。

◆知識

ブックメーカーはスポーツの
試合に賭けるので、当然スポーツに
詳しい方が当てられる確率は
高くなりますね。

(もちろん、知識が無くても

始められますが)

また、ブックメーカーは
アービトラージ(両建て)と
呼ばれる投資法があり、そういった

投資法を取り入れる事により

勝率を上げられます。

そこは運任せの宝くじと違い
副業として有望な点だと
思われますが、

カメラ転売は知識も殆ど要らずに
儲かりますので、カメラ転売の方が
初めやすいといえるでしょう。

◆資金
最低ベッド額が数百円から
始められるので、カメラ転売と
比べて手軽といえます。

ただし、ブックメーカーに
入金するには海外口座が

必要なので注意が必要です。

また、信用度の低いブックメーカー
に入金してしまうとお金を引き出せないと

いったトラブルもあるようですので、

ご注意下さい。

資金面での始めやすさは

初期投資10万円かかるカメラ転売と

比較して、ブックメーカーの方が

始めやすいと言えます。

◆娯楽性

スポーツ観戦しながら、賭けも
楽しめる為、非常に興奮すると
思います。

また、BET365というブックメーカーは

試合を見ながら賭けられる
ライブベッドという方式を取り
入れているので、色々な

海外スポーツが見れます。

対してカメラ転売は労働なので、

当然、娯楽性は低いです。

以上から娯楽性に関しては

ブックメーカーに軍配が上がりました。

◆総括

魅力満載のブックメー力ーですが、
日本の刑法 第185条 賭博罪にあたるか
人により見解がまちまちな為、

グレーゾーンと言わざるを得ません。

※ちなみにオンラインカジノは
捕まる可能性があるので
絶対にやらないで下さい。

鑑定人のテツヤは、ブックメーカー
が法律的にホワイトか分からない為
、一切手を出しておりません。

ですので、実際にやるか
どうかは自己責任でお願い致します。

これまでカメラ転売と競馬・宝くじ・ブックメーカーを

各副業と評価項目を一覧表にまとめました。

※各項目を良、可、不可で評価

リスクリターン 知識量 資金量 娯楽性
カメラ転売 不可
競馬 不可
宝くじ 不可
ブックメーカー

上記のようにカメラ転売以外は
娯楽性は高く、やっていて楽しい
ですが、リスクリターンで考えると
そもそも勝率が低い為、投資では無く
ギャンブルと言わざるを得ないかと
思われます。

副業としてはカメラ転売をオススメします。

カメラ転売に興味のある方は是非、

メルマガ登録をお願いします!

★メアド登録でカメラ転売ノウハウ無料配信★
メールアドレス 必須

Powered by メールフォーム 『オレンジフォーム』

 

★実際にカメラを仕入れてみませんか?
カメラ転売体験ツアー

  • 2017 07.23
  • ブックメーカー VS カメラ転売 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

当サイトについて

普通の会社員である私が、カメラ転売を始めて

月収30万円稼ぐまでを書いています。

副業・カメラ転売に興味のある方に、

興味のある方にご覧いただければ幸いです。

カメラ転売ホントに稼げるの?

副業鑑定人テツヤのプロフィール

カテゴリー