カメラが転売の商品として出来過ぎな理由 その1

  • カメラが転売の商品として出来過ぎな理由 その1 はコメントを受け付けていません。

この記事は3分で読めます

当サイトをご覧頂き、

ありがとうございます。

サイト管理人で副業鑑定人のテツヤです。

 

鑑定人はカメラ転売を初めて半年以上が

経ちましたが、つくづくカメラは転売

向きの商品だなと痛感しています。

 

そこで今回は、鑑定人が思うカメラが

転売向きの商品だと思う理由について

解説していきたいと思います。

 

理由1 利益額が大きい

カメラの良い所は利益額が大きい点です。

勘違いしないで頂きたいのですが、

「利益率」ではありません。

まぁ、利益率もいいんですけどね。。

 

カメラ転売の存在を知る前は、

転売といえば「古本」せどりの

イメージでした。

 

古本せどりは、100円で仕入れた

本が200円で売れるなど利益率は

非常に高いです。

ですが、利益額は百~数百円の

場合が多いらしいです。

(稀に千円の位が出る事もある

みたいですが)

 

この利益額では数万円稼ぐには

百冊単位、数十万円稼ぐなら

月千冊単位で販売をしないといけません。

対してカメラなら利益額は安くても

千円程度は稼げて、慣れてくれば

3000~5000円の商品も仕入れられます。

凄腕転売師になると平均の単品益が

一万円オーバーという化け物(失礼)も

いるみたいですので、数十万円どころか

月収100万円も夢ではない数字ですね。

ということで、

理由1は利益額が大きいでした。

 

 

理由2 商品名を調べやすい

2つ目の理由は商品名が調べやすいです。

どうゆう事かといえば、一眼レフには

ボディもレンズも基本的に表面に型番が

書いており(D90,EF-S 18-55など)

商品名から価格相場を調べやすいです。

※書いてない商品名もあります。

 

これは転売をするのに、かなり重要です。

他の商品で考えてみましょう。

たとえば、昔のレアな玩具は高値が

つく事もあるので狙い目ですが、

型番が記入されている事は稀なので

商品名から相場を調べられず、

自分の知識頼みになり難易度が高いです。

 

このように相場を調べるには型番や

商品名が分からないと難しいので、

理由2は商品名を調べやすいでした。

 

 

理由3 保管場所が小スペース

これも鑑定人がカメラ転売を

選んだ理由の一つです。

 

カメラの場合は大きい物でも、

大抵は30センチ以下なので

売れるまでに在庫を保管して

置く在庫スペースを取られずに

済みます。

 

これが家電の転売になると、

例えば冷蔵庫を仕入れた時は

自宅にずっと置いておかないと

いけないので、生活スペースを

圧迫してしまい大変です。

(無在庫転売は除く)

 

また、大きな家電を保管するのに

わざわざ倉庫を借りた場合などは

余計な固定費が増えてしまい、

経営を圧迫しますしね。

 

ということで理由3 は

保管場所が小スペース

でした。

 

理由4 カメラは値崩れしにくい

カメラの傾向として、時間が経っても

値崩れしづらい特徴があります。

数十年前に販売をされていた

フィルムカメラですら良い状態の

物ならは、そこそこの値段で

売れたりしますしね。

 

これが例えばパソコン等になると

10年前のPCなんてCPUもメモリも

HDD容量も、現在とは比べ物に

ならず、そうとう値崩れします。

 

勿論カメラも型落すれば値段は

下がりますが他ジャンルの商品と

比べると緩やかなので、焦って

売る必要がありません。

 

ということで理由4は

値崩れしずらい

でした。

 

理由5 偽物がほぼ無い

カメラには偽物が殆どありません。

カメラは技術的にコピーが難しく、

コピー可能ならメーカーになれると

まで言われるほど技術力が必要です。

 

たまに中華製ストロボなどを見かけ

ますが極々少数です。

 

これがブランド品だと話は別です。

以前見たテレビ番組で米国内で

中華製の高級時計やブランドバッグ

の偽物が流通しているドキュメンタリー

を見た事があります。

当然、偽ブランドは輸入の際に税関で

厳しくチェックされてはいるものの、

詐欺業者も色々な手段で法の網を

掻い潜ろうと試みます。

 

例えば、グッチのバッグを輸入する

際には、ロゴが入っていないバックと

グッチのロゴを別々に輸出して、税関を

通り抜けた後でドッキングさせて

偽バックが完成させるなどの手口です。

 

もし、そういった偽ブランドの商品と

知らずに仕入れて、それをヤフオクで

販売すると非常にマズイ事になります。

そういった意味でも、偽物の無い

カメラは安心して販売できる商品です。

 

このように「カメラ」は転売をするのに

非常に適した商品です。

 

まだ、カメラが転売向きと考える

理由はありますが、すこし長くなり

ましたので、それについては

次の記事で書きたいと思います。

 

最後までご覧頂きまして、

ありがとうございました。

 

  • 2017 11.05
  • カメラが転売の商品として出来過ぎな理由 その1 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

当サイトについて

普通の会社員である私が、カメラ転売を始めて

月収30万円稼ぐまでを書いています。

副業・カメラ転売に興味のある方に、

興味のある方にご覧いただければ幸いです。

カメラ転売ホントに稼げるの?

副業鑑定人テツヤのプロフィール

カテゴリー